公害と環境問題の今と未来について考えるブログ

「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会のブログ

放射性物質

土壌汚染の禁止

こんにちは。今回は
  • 「制定しよう 放射能汚染防止法」(山本行雄著、星雲社)
  • 「第5章 このように整備せよ 放射性物質の公害規制」
  • 「5‐05 土壌汚染を禁止せよ」
  • についてお話してみたいと思います。続きを読む

    意見書及び要望書作成のための公害規制諸原則

    こんにちは。今回は
  • 「制定しよう 放射能汚染防止法」(山本行雄著、星雲社)
  • 「第5章 このように整備せよ 放射性物質の公害規制」
  • 「5‐01 原子力公害の特性に立脚し公害規制の諸原則に従うこと」
  • についてお話してみたいと思います。

    ここからは、意見としてまとめるのに役立つような構成になっています。

    見出しの頭に
  • 「放射性物質に対する公害法整備は」
  • などと入れ、少し表現を変えると
  • 意見書や要望書
  • として使えます。

    ここの5-01は
  • 原則論
  • ですから、5-02の要求事項に追加したり、理由付けに使ったりするとよいでしょう。

    尚このエントリーでは「制定しよう 放射能汚染防止法」の著者である山本行雄弁護士のご了解のもと本の内容をそのまま引用しています。




    続きを読む

    環境基本法改正と法整備

    こんにちは。今回は
  • 「制定しよう 放射能汚染防止法」(山本行雄著、星雲社)
  • 「第3章 環境基本法改正と国会の機能不全」
  • 「3‐02 遂に環境基本法改正 放射性物質は公害原因物質になった」
  • についてお話してみたいと思います。続きを読む

    規制されない陸上からの海洋投棄

    こんにちは。今回は
  • 「制定しよう 放射能汚染防止法」(山本行雄著、星雲社)
  • 「第2章 原子力法は人と環境をどう扱っているか」
  • 「2‐05 漁業被害無視 陸上施設からの海洋投棄は禁止外」
  • についてお話してみたいと思います。続きを読む

    放射性物質は適用除外

    PAK85_kokkaisyoumenmidori20140905_TP_V


    こんにちは。
  • 『「放射能汚染防止法」を制定』する岡山の会
  • です。今回は
  • 「制定しよう 放射能汚染防止法」(山本行雄著、星雲社)
  • の主に
  • 「第3章 環境基本法改正と国会の機能不全」
  • 「3‐01福島第一原発事故 その時国会は・・・」
  • を参考になんと

  • 放射性物質は公害や環境に関する法律から適用除外されていた

  • というちょっと驚いてしまうような事についてお話してみようと思います。続きを読む
    『「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会』アカウントです。
    facebookページ

    ギャラリー
    • 事故隠しを防ぐための「常時監視」システム
    • 大気汚染と水質汚濁の線量規制
    • 大気汚染と水質汚濁の線量規制
    • 総量規制と濃度規制と常時監視
    • 直罰制度及び間接罰制度と公害犯罪処罰法
    • 学習会のご報告
    • 学習会のご報告
    • 法整備を進めない国会と公務員と環境省
    • 環境基本法改正と法整備